« ピンチは突然やってくる! | トップページ | OSはWindows! ・・・ なのに・・・ »

2006年4月16日 (日)

チャンスはピンチと隣りあわせ

  ファミレス店長の敗者復活戦、全記録 Vol.002

長沢店長は、これはチャンスだと思ったのです。
雨宮SVによると、サービスの改善について改善計画を立て、毎週経過報告をあげることになっていると言うのです。
通常でも店長は毎週、複数の報告書を提出しています。
店の成績が悪ければ、報告書の数は増え、一つ一つが長くなっていきいます。
苦労して作成した報告書も通常はSV止まり、良くても地区の営業部長止まりです。
しかし、この報告書は社長も目を通すというのです!
自分の存在をアピールするチャンスだ。
長沢店長はそう思いました。
この考えが甘かったことに彼は、後々気づきますがその時は手遅れだったのです。

人気blogランキングへ

そもそもファミレスの店長が出世するにはどうしたらいいのか?
実績を上げて目立てばいいのです。
その方法としては

 1 店の売り上げを上げる
 2 店の利益を上げる
 3 全店に与えられた目標で、上位の成績を残す

1と2は同じようですが微妙に違います。
ファミレスは、店舗によって条件がまったく違います。
立地が良くて売り上げが見込める店でも、前任の店長が目一杯数字をあげた後だと(要するにしゃぶり尽くされた後だと)簡単に売り上げは上がりません。
そういう場合は、経費を削減して同じ売り上げでも利益額を上げるのです。
増収、増益がもちろん一番いいのですが、世の中そんなにうまくはいきません。
今や外食産業全体が縮小傾向にあります。
場合によっては、減収だって増益ならいいのです。
24時間営業だった店を、入客の少ない深夜を閉店して効率化し、たとえ売り上げを下げても利益を確保する。
最終的に、それで利益を上げれば評価されます。
しかし、こんなことを言っては何ですが、どうしようもないくらい悪条件の店もあります。
その時は、3です。
ファミレスで、特定の料理やデザートを勧められたことはありませんか?
あるいは、クリスマスシーズンに予約制のケーキを勧められたことは?
そういう場合、そのチェーンではキャンペーンをやっていることが多いです。
一定の期間内で、達成した数字で全店での順位がつけられます。
ファミレスの店長は営業職です。
しかし他の営業職とは、決定的に違う点があります。
それは、次回に・・・

 過去ログのインデックスへ
 カテゴリ別のインデックスへ
 TOPページへ

|

« ピンチは突然やってくる! | トップページ | OSはWindows! ・・・ なのに・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179348/10293632

この記事へのトラックバック一覧です: チャンスはピンチと隣りあわせ:

« ピンチは突然やってくる! | トップページ | OSはWindows! ・・・ なのに・・・ »